虫歯はうつる感染症?フレンチキスでもダメ?うつさない方法は?

虫歯がうつるって考えたことはありますか。よく虫歯の隣の歯は虫歯になりやすいと言われていますが、まさか人から人へうつるというのは普通なら思いもしないでしょう。しかし実際に虫歯は人にうつります。正確には虫歯菌が何かを介して相手にわたり、そこから感染するという認識が正しいでしょう。
イメージしにくいかもしれませんが、虫歯というのは感染症の一種です。虫歯菌は、口腔内に存在するというだけで悪さをするわけではありません。歯に付着して感染することで、そこで初めて目立った悪さをし始めます。主に私たちが虫歯で苦しむ際、原因となるのはミュータンス菌と呼ばれるものです。
ミュータンス菌とは、唾液の中などに潜む虫歯菌の中でも最もメジャーな存在です。唾液に潜むということは当然、感染者の唾液が口に入ると一緒にミュータンス菌も貰ってしまうことになります。もともと赤ちゃんの頃は全く持っていない菌ですが、大人の口腔から食器などを通じて受け取るのです。ですから成長するにつれてほとんどの人が持つことになります。
ではフレンチキスの場合はどうでしょうか。結論から述べますと、フレンチキスでも虫歯菌はうつります。唾液は、ほんの少量でも沢山の菌を含んでいることがあります。唇も日頃から舐めたりして唾液が付着しています。ましてやキスのときは唇を潤すでしょうから尚更です。そのため、ほぼ間違いなく相手の唾液を受け取っていると考えた方がいいでしょう。
最後になりますが、虫歯菌をうつさない方法は存在します。まず歯磨きや口洗液を使い、常に口腔内の菌を極力減らすよう心掛けましょう。それから箸やスプーンなど直接口に運ぶ食器類は、使用後にしっかり洗ってください。洗う前に他の人に使わせたりするのは危険です。何より定期的に歯医者へ通い、消毒や手入れをしてもらうことを忘れないようにしましょう。これらは、自分にとっても他の人にとっても重要なことなのです。

虫歯がうつるのは赤ちゃんから何歳まで?大人同志でもダメ?

虫歯がうつることをご説明しました。
うちの子は歯磨きをよくしているのにどうして虫歯になるの?と疑問に思われている方も多いと思いますが、ずばり
虫歯菌を大人からうつされているからなのです。
一昔前の子育てでは、親が口で砕いたものを子供に与える、スプーンで味見した物をそのまま与えるなどの行為が、日常的に行われていました。
しかし、虫歯菌は、唾液を通して、親から子供へと感染してしまうので、要注意です。
つまり「口移しは御法度」ということになります。
また、親が使ったお箸やコップを子供が使うなど、間接的な接触でも、虫歯菌は感染します。
虫歯菌は唾液の中に潜んでいるので、直接的でなくとも、このように間接的な方法でも感染してしまうのです。

 

虫歯菌の感染は何歳までかと言うと、年齢は関係ありません。赤ちゃんから大人まで、誰でも感染し合います。
ですので、当然大人同志でも同じことが言えます。
言ってしまえば、キスでも虫歯は感染します。
そのため、残念な話、恋人同士になった途端に虫歯が増えた、なんて切ないケースもあり得る訳です。
でも、キスができない恋人なんて嫌ですね。

 

それでは、どのようにして予防すればいいのでしょうか。
それは、赤ちゃんから大人まで、いつも口内環境を綺麗にしておくということです。
徹底的に虫歯菌を追い出し、移し合わないようにしましょう。

虫歯が隣の歯や子供にうつるのを止める方法〜BLISM18とは?

親の虫歯がうつることや、すぐに隣の歯にうつるなど、子供が虫歯になりやすいことに悩んでいる人は多いものです。
子供は痛みに対する感覚が大人よりも弱いので、知らず知らずのうちに大きく進行してしまうというケースも少なくありません。
そんな子供の虫歯を防ぐ為には、保護者がしっかりとデンタルケアをしてあげると共に、子供自身も正しい歯磨きの習慣を身に付けることが大切です。
しかし、デンタルケアは正しく行わなければ、虫歯を防ぐどころか逆に虫歯ができやすい口内環境を作ってしまう恐れがあるので、注意が必要となります。
虫歯予防というと、強力な除菌力や洗浄力のある歯磨き粉が良いと考えている人も多いですが、これらは口内環境を正常に保つのに必要な、善玉の菌まで除去してしまうという一面があります。
また、現在の歯磨き粉にはほぼフッ素が含まれており、虫歯予防ができることが知られていますが、フッ素コーティングだけで虫歯を完全に防ぐのは難しいのが現実です。
そんな中、虫歯がうつるのを止める方法として注目を集めているのが、BLISM18です。
BLISM18とは近年の研究によって発見された虫歯菌の除去成分で、虫歯になりにくい体質の子供は生まれつきこの成分を持っているということが分かっています。
しかし、このBLISM18を生まれつき持っている子供はわずか2%しか存在しない為、虫歯になりやすい体質の場合は、外からこの成分を補う必要があります。
現在ではBLISM18を配合し、毎日の歯磨きによって虫歯になりにくい体質への改善が目指せる歯磨き粉も存在しています。
BLISM18が配合された歯磨き粉で、虫歯が隣の歯や子供にうつるのを防ぎましょう。